元AD・Dの3人が語る。テレビ番組制作会社の選び方

先日、就職活動中の大学生からメールを頂きました。
番組制作会社に入社しようか迷っている!ということで以下3つの質問をもらったので、今回は番組制作会社の選び方について先輩方2人とランチをしながら話し(笑)記事にしてみました。

今回
番組制作会社選びの基準

次回
主にどのような仕事をやったか
番組制作会社の実態

元AD・Dのフリーランス・会社員・バイト(兼フリー)の登場人物

まちゃたちぇ
このブログの著者。
新卒で入った会社でADになり4ヶ月で退社後、ニート、派遣社員、フリーター、職業訓練を経て自営業兼アルバイトで映像をつくっている。
前川まりな
クリーク・アンド・リバー社、制作会社を経験後、フリーランスに。
めちゃいけ、ファッションTVなどの番組を制作。「LAにいきたい」が口癖。今仕事が殺到する売れっ子フリーランスビデオグラファー。
鈴木夏唯
番組制作会社でDを経験後、SNS・ネットの動画を扱うベンチャーに入社。D時代にはNHKをメインに、イッピンやガイアの夜明け、バイキングなどの制作に携わる。論破厨

番組制作会社にこだわる必要性と、その上での選び方

まちゃたちぇ
そもそも、この質問の根底を覆してしまうかもしれないんですが(笑)制作会社はやめた方がいいと思う。

僕は4ヶ月しか働いていないけど、雇用形態はとても大事だと入社そうそうに感じました。というのも制作会社だと1つの局に絞られないわけだけど、どの局にいっても結局は下請け感があったことと、

最初僕はテレビ東京に配属されたんですが、番組の制作に入った瞬間から2ヶ月間は休みがなかったのに、局の新入社員はGW1週間以上休みをもらって海外に行っていました(笑) 給料も僕が16万なのに対して彼は初任給で手取り20万半ばぐらいもらっていた気がする…。

同じ人間なのに期待値みたいなものがちゃんと制作会社の人・派遣の人・局の人で割り振られてる感じがあったw「君は局社員だから優秀だよね」「君は制作会社だからどうだろう?」みたいなのが、透けてみえるというか…。

なので局社員になることを目指して、だめだったら大きい制作会社、それでもだめだったら派遣か弱小制作会社がいいんじゃないかな?

夏唯さん

まず、テレビ番組といってもいろいろあります。どんな事をしたいか?によって変わります。

出版を例にすれば、マンガ、週刊誌、文芸誌、新書、実用書が同じ「出版業界」なように、放送業界でもいろいろあります。

どんな「番組を作りたいか」を明確にすることが良いと思います。ニュースなのか、ドキュメンタリーなのか、バラエティなのか旅なのか、ドラマなのか。いろいろあると思います。

制作会社の特徴は、多くの場合制作する番組のジャンルが特定されていることです。放送局の職員だと部署異動でガラリと変わることがありますが、制作会社はあまり変わりません。

また、制作会社のメリットは、放送局問わず番組を制作できることです。NHKでもテレ東でも日テレでも、一つの会社で携わることが出来ます。

自分が好きな番組を列挙し、その番組を制作会社を片っ端から調べます。複数番組がヒットした会社が「やりたいことができる可能性が高い」会社になります。

前川さん

自分の好きな番組をやってる会社を選ぶ、憧れているディレクターが働く会社を選ぶのがいいと思う!

まちゃたちぇ
そもそも制作会社ってきつくないですか?どっちかっていうと前川さんが働いていたクリーク・アンド・リバー社みたいな派遣の方が、局に派遣されて局の人扱いみたいになりません?

前川さん
それはないと思うwwww

私の時はなかった。まぁでも、クリークみたいな派遣の方が局にも番組にもほとんど縛られないから、選べる番組の選択肢は多かったけどね!もう面接の段階でなに系やりたいの?っていうのは分けられてて、私はめちゃいけの演出のあすかさんと働きたいっていう理由で会社を選んだよ。

まちゃたちぇ

ちなみに、僕が就職活動した時は10社ぐらい受けて受かったのが派遣で有名なクリーク・アンド・リバー社と実際に入社した30人規模の小さな制作会社だけでした。(バカすぎて致命的に筆記ができなかったw)

どうして小さい制作会社に行ったかというとNHKの番組がほとんどだったから比較的ホワイトかな?と思ったのと、ディレクターになれるのが早いと思っていたから。その当時ネット動画っていう選択肢があったらそっちにいきたかったかなーと思うな。まー、でもそこに入社したから夏唯さんにあえて、今は前川さんとも一緒にお仕事できているわけですが。

ちなみに局にいる人って主に人数の少ない局社員と派遣社員なんだけど、派遣の人は制作会社の人に比べると局内の人って扱いの色が強くて羨ましかった。土日どっちかは休むみたいな局のルールが適用されるし、優秀だと局社員の人にかわいがられていたから羨ましかった。

制作会社は会社内で結束することはできるけど、結局は部外者みたいな扱いがあったしPからの無理難題がすごかったww

局社員は最強。次点で極東電視台とか大きな制作会社(週休2日って噂をきいたことがある)、そのあとはブラック具合で選ぶといいかも。派遣は出世難しいし薄給だけど待遇はそこまで悪くないイメージだな~。

まー結局番組のジャンルと、その番組によるんでしょうけど、大きくこう分類できると僕は思っています!

総括の結果、やりたい番組による

基本的に「TVって楽しそう」ぐらいなら木っ端微塵にされると思う(笑)
だけど、それも含めてチャレンジして欲しいと思います。

選ぶ前にヒエラルキーを認識してほしいんだけど、
圧倒的に少人数の局社員は立場が上です。プロデューサー、ディレクター全部含め!新入社員にも制作会社のPがへこへこするレベルw

大手制作会社=極東電視台、AXON等

なのでプライオリティは
①局社員
②大手制作会社
③その他制作会社 or 派遣会社

でみていって、自分がやりたい番組をやってる会社を選びましょう。
僕はアナザースカイとか、世界のはてまでいってQとかやりたかったな〜ww

あと、まちゃたちぇが個人的に思うのは
本当にそれはテレビじゃないとできないこと?
って部分です。

僕はとりあえず経験がなくても映像に携われそうなのがADだったので、テレビの世界にはいったけど今はYouTubeをはじめネット動画の時代。最先端の動画はネットの世界にあると思っています。

テレビは10年前のソフトを使って、紙をすごく無駄遣いして企画書つくって、制作費はタレントのギャラが大半を占め、一番苦労してる自分たちには薄給しかまわってこない。そんな現実の上にそびえるテレビ業界に一体なにを求めるのか?

バラエティ番組のディレクターには10年かかってもなれないかもしれないよ。
自分がなにをしたいのか、自分の力でできないのか?
もっというと、僕は正社員に就職することがすべてだとも思っていない。別の記事で書こうと思っているけれど、働くってことは色んな形があるんだよ。

就職活動の1年は色んなことを考える大きなチャンスかもしれない。

働くことはマストなことなのか?
それとも働きたいから働くというオプションなのか?

僕はそこをとても大切にしてほしい!
読んでくれてありがとう。

6 件のコメント

  • 私は、将来テレビ業界のADになりたいと思っています。高校一年の女です。
    課題で興味がある仕事にインタビューするという授業がありまして、色々調べて見た結果、大手のテレビ局は無理なので、番組制作会社にアポ取りを取ろうと思っています!オススメのアポが取りやすい番組制作会社を教えてください!出来れば急いでるので、早めにお願いします!

    • すずさん

      コメントありがとうございます!
      アポが取りやすいところ……、全然わかりません(笑)

      好きな番組をつくっている制作会社を調べて、電話をかけてみてはいかがですか?
      高校生を邪険に扱うところはそうそうないように思います。
      ぼくだったら極東電視台とかにアポとります(笑)

      高校1年生から夢が決まってるってとてもラッキーですね!
      将来素晴らしい番組制作ができようになるんじゃないでしょうか。

      今のうちから、YouTubeをはじめたりすれば就職で有利になると思います。
      検討を祈ります!

  • こんにちは。
    私はイッテQのADになることが夢です。
    私の大学はメディア学科が出版です。それでも大丈夫でしょうか?
    また、小さい頃からスポーツをやっていて体力には自信がありますですが、今はなにもやっていません。でもそこはアピールするべきでしょうか?そこはポイントアップにつながりますか?
    またラジオ局でバイトをしようと思っているのですが、ラジオ局以外にもバイトしといたほうがいいところなどあるでしょうか?
    あと英語が話せることは有利ですか?
    沢山質問すみません

    • ゆきさん

      こんにちは! コメントありがとうございます。
      知っている範囲ですが回答させてください。

      ・ADは学部や学科関係なく専門的な技術も特に必要ないです。
      高卒・専門卒・20代後半で銀行員から転職などなど、みんなバックグラウンドはさまざまでした。

      ただ、注意してもらいたいのが「ADは誰でもできるからこそ競争が激しかったりもします」。だから局社員はずばぬけて優秀な人が多いと思います。学生のうちから多くの経験積んでいたり、特殊なスキルをもっていたりする方が有利です。今からならなんでも間に合う!

      こんな人もいて面白いです→https://www.youtube.com/watch?v=cJaMlwfJjqA

      ・体力アピールはしてもしなくてもいいと思います。
      ヒエラルキーのトップに入りたいのであれば、頭の良さや、実行力がある方が採用されると思います。
      仕事を指示される側は脳死で動けるほうが大切な場合もありますが、指示する側はひたすらクレバーで、アクシデントにも動じないことが大切なことのように思います。

      ・ラジオ局いいですね〜! 僕も働いてみたい(笑)
      他にはなんでしょうね・・・? テレビの制作に関しては全然わかりません・・・。
      イッテQは制作会社が何社か入っているのでそこを調べて電話してみてはいかがですか?

      インターネットメディアのインターンなんかも重宝されるスキルを得られるかもしれません。
      あとテレビ系がYouTubeに進出していたりするので、YouTubeで有名なUUUMとかも楽しそうです。

      僕が特におすすめしたいのは「どういう動画がネットでみられるか?」を分析できるところです。
      どういう年齢層の人がみているのか? などの知識はどこにいってもモテます。
      どういう映像が好まれるのか? って本当に重要な知識です。
      ゆきさんはテレビの制作をしたいわけですから、違うかもしれませんね。
      ただ、ライバルと差をつけるという意味で少し別の畑の知識があると有利になるかもです。

      ・英語はどこに就職するにしても超絶有利です!
      英語ができるとリサーチ(企画に必要な情報集め)能力が数段先をいけます。
      海外の情報を直接とりにいけるのは最高ですね。
      ぼくが携わっていた番組でもアメリカロケがありましたが、そういうときに現地のコーディネーターを雇います。
      コーディネーターを雇うといっても、不安がいっぱいでしょうから自分のために学んでおくと絶対よいとおもいます。

      大学1年生から頑張ってて本当に素晴らしいです。現状がどうであれゆきさんなら何事もうまくいくと思います!
      結局なにごともやってみないと、自分に合ってるものがなんなのか?
      何に惹きつけられているのかは分かりませんから楽しいことを追求することをおすすめします。

      楽しんでください!!

  • 私は、テレビ業界でADとして働きたいと思っている高校2年の女子です。いろいろネットで調べた結果、今のところは制作会社ではなく局で働きたいという思いが強いです。しかし頭がいいわけでもないですし、局に就職できる確率は相当低いですよね(-_-;)

    小さい頃からテレビが大好きで、テレビ局で働くことが夢だったのですが、今はどうしようかまだ迷っている状態です。

    質問なのですが、以前ネットで『テレビで流れている番組の多くは制作会社が作っていて、局のADは番組制作とかにはあまり関わらない』というようなことが書かれていたのですが、局のADさんは主にどういうことをするのですか?

    • あおいさん

      コメントありがとうございます!
      局に就職するととてもお金持ちになれますね(笑)
      現実的に考えると、なれる確率はかなり低いです。

      ぼくも全然ながくいたわけではないので詳しくは分からないのですが、局のADさんは番組制作に普通に関わっていると思いますよ。

      それこそ、制作会社のADと同じレベルで。

      ぼくの配属された番組は、計5チームぐらいが各々2ヵ月に1本を当番制で制作していました。

      この内4チームが制作会社(まちゃたちぇの会社もそのうちの1チーム)で、あと1チームが局社員+局の派遣ADの構成でした。

      むしろ局社員は毎週制作会社が納品するタイミングで手伝ってくれていたりしていたので忙しいそうでした。

      具体的にはスタジオ収録なども、カンペをだしたり、編集テープをもっていったりしていたので普通のAD以上に頑張っていた気がします。

      年齢層があがっていくと状況が少しかわってくるのかもしれませんが・・・そこらへんからはディレクターになっていると思います。20代後半ぐらいまではあんまり普通のADと変わらないかも?

      あ、ただディレクターをやるチャンスが他の有象無象より圧倒的にあります。ADはみんなディレクターに進化したいので、そのチャンスに差があって一番大きな違いだと思います。

      NHKとかは初年度からディレクターやらせてもらえるシステムがあった気がします。羨望の対象です。

      どんな雇用形態でも、みな大体がディレクターを目指していてディレクターにあがると自分の時間が持ちやすくなる印象でした(もちろん結局忙しいけど雑用はADがやる)。

      ただディレクターにあがるにも、フリーで売れっ子もいれば、先輩におんぶにだっこのディレクターもいるのでグラデーションがさまざまです。

      視聴率の重みもあると思うので、ADやってた方がまだ気が楽・・・なんてタイプの人もいたと思います。

      ただ、今現在の局は働き方改革で変わってきていると思うので現役の人に聞けるチャンスがあるといいですね。

      高校の先生に相談して、そういうつてがないかとか探ってみるとか・・・。なにか方法があるとよいのですが!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です